このサイトでは、ブラウザのサポートに制限があります。 Edge、Chrome、Safari、または Firefox に切り替えることをお勧めします。

リニューアルオープンを記念して様々な会員特典をご用意しておりますのでぜひご利用ください。

Cart 0

これは贈り物ですか?
購入可能な商品はもうありません

小計 フリー
配送料金、税金、割引は、お支払い時に計算されます。

KBP PATTERNS

KBP PATTERNS
Naver Design Press
2020
ブランドが直接整理した
12年間のデザイン事典
キティバニーポニーは、父親が運営していた大邱の刺繍工場であるチャンミ産業社を基盤に、デザイナーである娘のキム・ジンジン代表が2008年にローンチしたブランドです。独自のファブリックデザインで、韓国のテキスタイルデザイン史において何らかの前例なしのページとなり、親しみやすく大衆的な愛される文化となりました。

そのようなキティバニーポニーが数日前、これまでのテキスタイルパターンデザインのうち約100種類のコメントを収録した本「KBP Patterns」を発刊しました。出版社の手を経ず、デザインスタジオを招聘して最初から最後まで共同作業し、その意味をさらに高めました。世界には無数のブランドがありますが、自らのデザインストーリーだけで264ページのファブリックカバーアートブックを生み出す場所は、世界基準でもほとんどないでしょう。以下は、7ヶ月の旅を経て本を出版したキム・ジンジン代表とのインタビューです。
各パターンデザインには、その背後にあるストーリー(韓国語と英語)、デザイン時にインスピレーションを受けた画像、実際の生地の画像が収録されています。
パターンをデザインした当時に描いたスケッチやインスピレーションを受けた写真を収録しました。12年間の記録が完全に残っていることに驚きました。
最初から本を作るために資料を集めていたわけではありませんでした。ブランドの初期には、非常に先のことを考える余裕がありませんでしたから。(笑)ある時点からアーカイブの準備を始めたようです。個人的な傾向として、記録を整理するのが得意です。

制作にかかった時間は?
毎年1月2日に始業式を行うのですが、12周年を迎えた今年の始業式の際に本を作ってみようと提案しました。その後、7か月間かかりました。資料を集めるのに時間がかかりました。バウハウスに関連する資料の場合、直接連絡して画像の使用許可を得る必要がありました。

何よりも厄介だったのは、実際の生地の画像を入手するプロセスでした。本に収められているのは写真ではなく、スキャンされたものです。写真を撮ると、質感をうまく再現するのが難しく、垂直と水平が合わず、さらにほこりが目立つため、生地をスキャンできる場所を探すのに数か月かかりました。デザインによっては、1ヤード(90cm)全体がスキャンされてパターンを把握する必要がある場合もあるため、スキャナーのサイズも大きくなければなりませんでした。個々のアーティストの作品や卒業作品をスキャンする場所をやっと見つけて画像を手に入れました。
実際の生地の端に記録される原色チップのデザイン(右側)を本文(左側)に適用しました。
本の後半に収録された年代別アーカイブには、カラーチップも一緒に収めました。

全体の構成で最も重要だと考えたことは?
まず第一に、パターンをよく見せることです。10年間でデザインされた200種類以上のパターンの中から収録可能なものを選りすぐった、辞書のような本です。どのような順序で、どのような方法で収録するかを長い間考えました。パターン1つ1つを示す部分では、アルファベット順に並べ、本の最後の部分では年代別に整理し、カラーチップを追加しました。

次に、内部のストーリーを多く伝えることです。最初は予想よりも多くの文章になりましたが、本を作る過程で周囲の人々に尋ねると、内部のデザインコメントに興味があるというフィードバックを受けました。このデザインがなぜ生まれたのか、どんな歴史があるのか、途中でどんな問題があったのかについて、私たちの話をたくさん盛り込みました。

英文の併記を行いました。
キティバニーポニーには日本とアメリカに拠点があり、中国にも公式の販売代理店があります。コロナ禍が始まる前は、日本のお客様がショールームにたくさん訪れてくださいました。できるだけ多くの人々に私たちの話を伝えるために、英文を併記することにしました。

本を長期間保存できるように、クロス製本方式を選択しました。実際にキティバニーポニーの生地で本を包んでみましたが、リビングアイテムに使用される生地だったため、本には適していないと判断しました。製作費を負担して海外で使われるクロス製本アートブック用の生地を輸入し、パターンをプリントしました。表紙のタイトルも大胆に省略しました。既製の出版物では見られない構成です。

ブックデザインは、比較的新しいスタジオである「ドキュメンツ」に依頼しました。これまでに出版社からブランドブックの出版提案を何度か受け取りましたが、ブランドが十分に確立される10周年を待つことにし、大手出版社との協力によって私たちが本当に伝えたいことを表現するのが難しいと思ったため、積極的に応じませんでした。ドキュメンツの代表は古くからの友人であり、ブランドの最初の本であることから、私をよく理解する人にデザインを依頼したかったのです。今回の本を皮切りに、キティバニーポニー製品の製造過程や商品に関する本を順次作成したいと考えていますが、ドキュメンツとは長い時間をかけてもゆっくりと協力して進められると信じています。

パターンデザインのストーリーもそうですが、製造工程に関しても一般には敏感な部分かもしれません。本を作成する際に想定した読者は、これまで12年間私たちのブランドと共にしてきた人々の情熱と努力を記録として残し、パターンやデザインを学んでいる人々に少しでも役立てばいいと思う慎重な気持ちもあります。

KBP Patterns Book Black Edition